費用以上のメリット

私達は自分ではどうしようもない問題にぶつかることがあります。今回取り上げた弁護士に依頼しなければならない問題…いわゆる法律が関係してくる問題、それもややこしい問題にぶつかることもあります。例えば、弁護士に依頼するとなると当然費用が掛かりますが、相場で考えた時に賠償金の請求額が、依頼しない時と(例えばですが)500万円の違いがあるとします。

弁護士費用がそこから引かれるとしても、確実にメリットがある、と言えないでしょうか。交通事故以外に関してもそうです。例えば借金問題に関連して、ある一定の利率を超えて貸し付けていた、いわゆる『グレーゾーン金利』の分を過去にさかのぼって請求できる『過払い金請求』を弁護士に依頼することで行う事ができます。これもやはり、請求を行った方がプラスになりますし、それと同時に債務整理なども行うなら、どちらにしても依頼しなければなりません。これは私達にとっても、Win-Winの関係と言えるのではないでしょうか。

弁護士に依頼するということが普段ないので、そういった事態が起こってしまってからでは躊躇してしまうことがありますが、気軽に相談することができますし、実績の高い弁護士に依頼するならより良い結果を期待できます。